4月25日に「絵と歌の投げ銭ライブ」を開催します!


4/25日(金)に「絵と歌の投げ銭ライブ」を開催することになりました。

アラヤタツロウさんのライブ x 山口剛史さんのライブペイントに加え、地元和寒のアーティストYahman Shingoさんも出演します。みなさまぜひ足をお運びください!

【日時】 4月25日(金) open18:30 start19:00
【場所】オーガニック珈琲と雑貨nido(和寒町字南町81-2)
【料金】 ワンドリンクオーダー&投げ銭
【演奏】 アラヤタツロウ、ヤーマンシンゴ
【ライブペイント】 山口剛史


<プロフィール>

■ アラヤ タツロウ
1983年1月21日 北海道苫小牧市生まれ。 2001年10月 札幌にてパンク系ロックバンドのボーカルとして活動。デモアルバムを3枚発表。(完売) 解散後、放浪の旅の中で弾けないギターを弾き始める。2009年10月頃、苫小牧に在りながら、全国の旅人から絶大な支持を得ているBar oldを共同経営させてくれていた、オーナークロちゃんこと皀隆司(クロゴメタカシ)と共に、かたつむりスピードを結成。 2011年3月11日の東日本大震災をきっかけに「人間、いつ死ぬかわからないのなら、今、本当にやりたい事を始めるべきだ。」と思い、Bar oldを辞め、自営業で作詞作曲歌手としての活動を仕事に独立し、LOVE AND DESTROY RECORDS.を設立。心の葛藤や世界平和への思い、家族への愛などを盛り込んだ、自身初のソロアルバム「2012/新谷達郎」(完全500枚限定生産/17曲入¥2500)を ライブ会場などにて手売りで発表。(残りわずか☻)妻や子供達、家族、友人など、今まで出会ってきた全て の人達のお陰で 道内外の大型フェスやお祭り、CafeやBarを中心に活動させて頂いている 苫小牧在住の自称、世界一ラッキーなシンガソングライター☻

■ ヤーマンシンゴ
北海道生まれ、子供の頃より野山を駆け巡り、裸で川に、素手で魚捕り、焚き火、自然の中で遊ぶことが好きだった、子供時代のあだ名は原始人。ある時、何時も遊んでいた漁川の自然が失われ行く姿を悲しみ、仲間たちと漁川保護少年団を結成。 中学生の頃にはオリジナルソングを創り、ギターを手に歌っていた。 社会で働きはじめるも、心の故郷を求め、山奥にテントをはり、火を焚き、虫の歌、川のせせらぎの中での生活を2年間続けた後、自然に還る事が今この時代に必要な事だと想うようになる。 結婚後は北海道の北、和寒に移住し、2人の子供を家族のみの自宅出産で取り上げ、薪を割り、畑耕し、農的暮らしを楽しんでいる。 暮らしの中から生まれたストレートな詩をレゲエ、アフロビートのグルーブに乗せて歌うスタイルは独自の世界を醸し出している。

■ 山口 剛史
1980年北海道生まれ、石狩郡当別町在住。 幼少期から絵を描くのが好きで、26歳の時に当時住んでいた福井県の小さな町の駅前で、自分の描いた絵の路上販売を始める。 28歳の時に北海道に帰郷後、路上販売での経験を生かし、オーダーメイドで絵の制作や、道内各地で絵の展示、イベントでライブペイントなどを行う。 33歳の時にアニメーションの価値に目覚め、現在手描きのアニメーション作品を制作するため日々勉強中。
http://opengate021.jp/


スポンサード リンク
2014-04-22 | Posted in お知らせNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment