中東欧のことあれこれ(2) チェコの人形アニメ


こんばんは。nidoです。
今日も一日おつかれさまでした。
なかなかお天気に恵まれない和寒。週末はすこし良くなるのかな。

さて、今日はチェコの人形アニメのお話を。
nidoの店内にはチェコの絵本が何冊か飾られていますが、
そのなかのひとつに「Jiří Trnka」という人の作品があります。

photo4

Jiří Trnka(イジー・トルンカ)※以下、Wikipediaより。。
チェコのアニメーション監督、人形作家、絵本作家。
チェコを代表する人形アニメ監督であり、チェコアニメの牽引役を担った。
アニメーションに与えた影響はウォルト・ディズニーと比肩すると評価されている。

。。。だそうな。すごく有名な方のようです。

photo1

photo2

店内にある絵本の挿絵も、とても素敵です。
線がはっきりしていなくて、どこか夢うつつな感じで、
ぽーっといつまでも眺めていたくなります。。

というわけで、イジー・トルンカのアニメ作品をいくつか観てみました。

そのなかで特に印象的だったのがこれ。『手』という作品です。

かなり重たいです。。。。
主人公が部屋で植木鉢を作っている。
すると、部屋のなかに突如大きな手がにょきにょきっと現れて、
植木鉢を乱暴に別の形に作り替えてしまう。
大きな手がいなくなって、また植木鉢の形に戻しても、
すぐにまたやってきて、何度も何度も作り替えてしまう。
そのうち、主人公は操り人形のようになって、大きな手の言う通りに作品をつくる。
結果、主人公は誉め称えれ、英雄として祭り上げられるが。。。

この作品は、イジー・トルンカの遺作となった作品だそうです。
大きな手が何を意味するのか。
当時のチェコは共産主義体制でしたから、おのずとそういうことか。。と想像しますが、
なんとも後味の悪い結末にも関わらず、何度も見返してしまいます。。

イジー・トルンカの作品で、最初に観たのがこれだったので、かなりの衝撃。
ほかのもこんな感じなのかと思ってドキドキしましたが、そうではないようです。
例えば、これ。 タイトルは『真夏の夜の夢』。

人形の表情や動き、セットの美しさ、ファンタジーな物語の世界にぐっと引き込まれます。
シェイクスピアの戯曲を映像化したものだそうです。
そんなことも知らずに観たのと、言葉もわからないのとで、
勝手にストーリー考えたり、セリフ乗っけたりして、それはそれで楽しかったです。
(こういう楽しみ方も、ありということにしたいと思います。。。)

そうそう、小さいころにやった人形遊びを思い出します。
これはアラサーでもついうっかりワクワクします。

子どもたちにもぜひ観てほしいですが、大人にもすごくおすすめ。
思わず夢中になりますよ〜。

さて、話は変わりますが、今夏、nidoはいくつかのイベントに出店させていただきます。まず今週末は、お隣の鷹栖町で行われる「ハレバレパレット」へ。
初夏の北海道、気持ちのよい野外で音楽を楽しもうという最高のイベントです。
そんな素敵なイベントにお声がけいただき、本当に嬉しいです。
nidoからは、オーガニック珈琲、有機栽培のストレートジュースなどをお出しする予定です。
チェコの雑貨も持って行く予定ですので、お近くの方はどうぞお立ち寄りくださいませ。

それでは、また〜。


スポンサード リンク
2014-06-18 | Posted in 中東欧のことNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment