ベルリンの蚤の市をまわる【雑貨買い付けの旅2014】


こんにちは、nidoです。

前回の記事「ブンデスリーガ2014-15 第7節 HERTHA BSC – VfB Stuttgartを観戦【雑貨買い付けの旅2014】」の続きです。

サッカー観戦を楽しんだ翌日からは、いよいよ本格的に蚤の市めぐり。
蚤の市は基本的に土日しかやっていないので、事前に調べておいたところを二日間で集中的にまわります!

日がようやく昇り始めるころにホテルを出発。

ベルリン蚤の市1

全然関係ありませんが、みなさん、とにかく縦列駐車がお上手です。
駐車場が少ないのでしょうか。大体道の脇にこうやって車がずら〜っと停まっています。

蚤の市会場に向かう途中、たまたま野うさぎを見つけました。

ベルリン蚤の市3

中心部からさほど離れていない場所です。首都なのに、自然が多くてのんびりした印象です。

それではここから、蚤の市の写真を何枚かご紹介♪

地元のおじさんたちに混ざって、夢中で段ボール箱をあさります。
割れた食器とかもそのまま入っているので、要注意です。手袋は必須。
ベルリン蚤の市4

いっぱい物が詰まった段ボール箱がずらり。
ベルリン蚤の市6

こちらは蚤の市ではなく、リサイクル倉庫?のようなところ。
ベルリン蚤の市7

上からぶら下がっているランプと、このでっかいゴミ箱がほしい。
ベルリン蚤の市12

人の雰囲気や物の陳列の仕方など、会場によってかなり違いがあります。
段ボール箱あさるのも好きだけど、こういうほうがやっぱり見やすい。
でもお値段が高かったりします。。
ベルリン蚤の市8

広めの会場では、食べ物の屋台もいろいろ出ています。
こちらはじゃがいもフル活用のディスプレイ。いも好きにはたまりません。
串を刺して立たせておくにもちょうどよい、万能なじゃがいもたち。
ベルリン蚤の市9

こちらは、注文してからその場で絞ってペットボトルに入れてくれるオレンジジュース。
美味しかった〜。
ベルリン蚤の市10

そんなこんなで、非常にざっくりですが、土日の二日間、ベルリンの蚤の市を堪能しました♪
いかにも観光地、というところがあまり好きじゃない方にも、蚤の市はすごくおすすめです。
マニアックなお土産も見つかるし、現地の人たちの日常の風景が垣間みれたり、地元の女の子たちのファッションチェックも楽しいです。(ストールを巻いている女性が多かった。それもさりげないんだけどおしゃれに。ストール使い勉強しよう。)

蚤の市の合間に、偶然見つけたおしゃれマーケットや、初めて訪れたベルリンの壁のお話などは、
次回以降の記事で。。。

続く。


スポンサード リンク
2015-01-17 | Posted in 雑貨買い付けの旅2014No Comments » 

関連記事

Comment





Comment